蒲田近郊で開催する哲学対話の集い

蒲田哲学カフェ

流されてしまいがちな日常で立ち止まり、ものごとの本質を見つめなおす気づきのプロジェクト

第6回 蒲田哲学カフェ

朝対話~「存在の意義って何すか?」

自分や他人が存在する意義、会社や国家が存在する意義。
刺身の盛り合わせに大根のつまが存在する意義など
〇〇が存在する意義、について哲学的に対話をしましょう。
今回は朝対話と称して午前中開催です。

日時 令和元年 12月1日(日)9時30分~11時45分

場所 東京都大田区蒲田5-21-7 カリル蒲田会議室(並木ビル 301号)
*JR蒲田駅東口より徒歩4分 京急蒲田駅西口より徒歩6分
https://www.spacemarket.com/spaces/metro_kamata02/rooms/QCs7XJi1yR_e2Svi

定員 9名(最小催行人数 4人)
参加費 1000円
参加資格 誰でもOK

第7回 蒲田哲学カフェ

テーマ 「幸せってどんなん?」

令和元年最後のカマテツはベタなテーマで行きたいと思います。
それは・・「幸福論」。
人それぞれに幸せのカタチはあると思いますがみんなは何をもって
幸せと思うんだろう、とか興味ありますね。
それぞれの幸せとは、について語りあいましょう。

日時 令和元年 12月28日(土)13時30分~16時00分

 場所  東京都大田区西蒲田7-62-9 蒲田銀座ビル3階右室⇒「麻雀さくら」のあるビル
(JR蒲田駅西口から徒歩5分 東急線蒲田駅から徒歩5分)
 https://www.spacemarket.com/spaces/metro_kamata01/rooms/gmXNAZRK9ArMhoki 

定員 10名くらい(最小催行人数 4人)
参加費 1000円
参加資格 誰でもOK

蒲田哲学カフェにようこそ!

哲学カフェとは

毎回テーマを決めて参加者同士で話し合う対話の集い。
深く深く問いを掘り下げていくところが日常の会話との違い。

参加の条件

細かい条件は特にありません。
1000円程度の参加費が払えれば誰でも歓迎です。
*アルコールは禁止です。

視点の変化を楽しもう

対話が進むうちに自分がもともと持っていた考え方とは別の考え方が現れます。
新しい見方と変化を楽しみましょう。

哲学対話のキーポイント

1・問いを立て続ける ・・哲学とは懐疑論です。「本当にそうなの?」「この場合なら?」などと常に疑問を打ち立てましょう。

2.問いに答え続ける・・対話とは問答です。間違ってもいいから答え続けましょう。
脳細胞の全てを使って考えるのです。

3・原則に立ち返る・・哲学はそもそも論です。日常であいまいになってしまっている物事の本質に立ち返りましょう。

4・共通認識の発見・・「人それぞれだよね。」で終わらないようにしましょう。こういうところは違うけどこの部分では皆共通だよね、という所を発見しましょう。

詳しく知りたい方へ

お問い合わせをお待ちしています。