蒲田近郊で開催する哲学対話の集い 

 蒲田哲学カフェ 

流されてしまいがちな日常でふと立ち止まり、物事の本質を見つめなおす気づきのプロジェクト 


第24回哲学カフェ in 川崎

テレビは見た方が良いのか?

多くの人にとって身近な情報源であるテレビ。
しかし編重報道や色々な問題点も指摘されておりテレビばかり見てると
バカにる、などと言う人もいます。
今回はテレビは見た方が良いのか?について哲学対話しましょう。


日時 令和4年12月18日(日)13時30分~16時

場所 神奈川県川崎市川崎区本町1-8-3 東急ドエルアルス川崎 407号室
⇒ファミリーマートの向かいのマンション
(JR川崎駅中央東口より徒歩7分、京急川崎駅中央口より徒歩3分)


定員 9名(最小催行人数 4人)
参加費 1000円 (お茶・茶菓子付き) 

蒲田哲学カフェにようこそ!

哲学カフェとは

毎回テーマを決めて参加者同士で話し合う対話の集い。
深く深く問いを掘り下げていくところが日常の会話との違い。

参加の条件

細かい条件は特にありません。
1000円程度の参加費が払えれば誰でも歓迎です。
*アルコールは禁止です。

視点の変化を楽しもう

対話が進むうちに自分がもともと持っていた考え方とは別の考え方が現れます。
新しい見方と変化を楽しみましょう。

哲学対話のキーポイント

1・問いを立て続ける ・・哲学とは懐疑論です。「本当にそうなの?」「この場合なら?」などと常に疑問を打ち立てましょう。

2.問いに答え続ける・・対話とは問答です。間違ってもいいから答え続けましょう。
脳細胞の全てを使って考えるのです。

3・原則に立ち返る・・哲学はそもそも論です。日常であいまいになってしまっている物事の本質に立ち返りましょう。

4・共通認識の発見・・「人それぞれだよね。」で終わらないようにしましょう。こういうところは違うけどこの部分では皆共通だよね、という所を発見しましょう。

詳しく知りたい方へ

お問い合わせをお待ちしています。
連絡メールアドレス naoki50742000@yahoo.co.jp